「WBW」の「分配」って…なんだ???(;´・ω・)

仕組みが非常に面白い「WBW」ですが、どうも「分配」が理解できない!!と言う方が多いようです。

少し解説を加えてみました!(*^▽^*)

 

 

仕組み自体は面白い「WBW」なのですが、特に面白く、且つ複雑なのが「分配」と呼ばれるものです。

 

「分配」とはどういうものでしょうか???(;´・ω・)

 

 

株式相場をご存知の方には理解しやすいかも知れません。

「株価」と言うものは、人気が出るとドンドン価値が上昇していくものです。(*^▽^*)

(イメージ的には株をされない方にも分かるかと思いますが…)

 

 

下はリップルのチャートです。

長い間安値圏を推移していたのですが、突然価格が高騰して高値圏での取引となっています。

 

安値圏であれば大量に購入できたリップルも、高値圏では多くの量を購入出来ません。(;´・ω・)

 

 

株の話に戻しますが、株は「売り手」と「買い手」の価格が一致したときに売買が成立します。

これは株に限らず、世の中にあるどんなものでも、「売り手」と「買い手」の希望価格が一致したものが「市場価格」になります。

 

例えば、幾ら最新鋭の携帯電側発売されても、500万円もするものは誰も買わないですよね!!(;´・ω・)

 

かと言って、発売直後の人気機種の携帯が200円だったら…これも逆に安すぎて怖くて誰も買いません。

 

 

「売り手」と「買い手」の希望額が一致すると、「市場価格」が生まれます。(*^▽^*)

そして、売買が成立していくのですが、「買い手」が多くなると価格は上昇していきます。

 

少しくらい高くても、欲しいものは欲しい!!と言う心理からですね!(^O^)

 

 

逆に、買い手側が少なく、「売り手」側がどうしてもたくさん売りたい!!と言う場合には、価格は下がっていきます。

 

このバランスが相場を決めている要素です。

 

 

先程の株やリップルの話に戻りますが、いくら欲しくても、高すぎるとなかなか購入はできませんよね!

 

どんな人でも同じですが、モノを買うには「予算」があるので、「予算オーバー」で購入を断念することもあるでしょう。

 

 

株の話に戻りますが、東京証券取引所の上場株式は、3000以上の銘柄が取引されています。

1株が数円単位のものもあれば、数万円、数十万円の株も存在します。(;´・ω・)

 

また例えですが、「1株50万円の株」があったとしましょう。

 

あなたの株購入の予算は「10万円」です。

当然…欲しくても買えないですよね!!(;´・ω・)

 

このような場合に、株では「株式分割」と言う方法がとられることがあります。

下の図のように、1株自体の価値を分割してしまうことにより、より1株を安く購入できるのです。

(※発行株式総数が増えるので、実際には1株当たりの価値は下がります)

 

 

価格が上昇してしまったら、分割をして株を分ける方法が「株式分割」ですが、「分配」も似た仕組みになります。

 

WBWの「分配」の場合は、一定の価格になれば分裂を行います。

 

株と同様に、人気が出ると1株当たりの価格は上昇していき、一定額で2つに分かれます。

分かれたあと、また人気が出て価値が上昇すれば、再び一定額で分裂します。

 

 

これが「分配」と呼ばれる仕組みです。

人気が出れば出るほど、分配のスピードが上がります。

 

1株あたりの価値が購入しやすい状態になるので、たくさんの方が参加しやすい仕組みだと言えますね!(^O^)

 

因みにこの「分配方式」とは、世界に認められた「負けない方式」と言われ、ハーバード大学の学習プログラムにもなっているそうです!(*^▽^*)

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ