日本初のICO「COMSA」を超カンタンにまとめました!(*^▽^*)

 

昨日8月3日、国内の仮想通貨取引所「Zaif」を運営する「テックビューロ」主催による、日本発のICO「COMSA」が正式発表されました。(*´▽`*)

 

 

「COMSA(コムサ)」のICOは10月初旬から開始され、企業に仮想通貨を発行させ、資金調達を手助けしていく…と言うのが主な目的だそうです。

 

しかし…「COMSA」のメインサイトや、他の紹介サイトにも色々と内容は記載されていますが、読んでいても「?????」となる難しい内容ですので、出来るだけ「超カンタンな概要」としてまとめてみました。

 

 

「COMSA(コムサ)」は、日本語の「塊(こん)」と「鎖(さ)」を組み合わせた、「ブロックチェーン」に由来するオリジナルの造語だそうです。

 

カンタンにまとめ過ぎたので、本来の内容からすると語弊もあるかも知れませんが、噛み砕いた表現だとお許しください。

 

 

・仮想通貨取引所「Zaif」の運営会社であるテックビューロ主催である!

 

・日本初であり、日本発のICOである!

 

・ICO協議会のメンバーがすごい!

 

・有識者がICOについて協議、より良いものにしていく!

 

・独自トークンを発行して、「資金を調達したい企業」と「資金を出したい人」を繋ぐ!

 

・独自トークンはビットコイン、イーサリアム、ネムで買える!

 

・システム技術には「mijin」が使われ、イーサリアムとネムの発行システムが使われる!

 

・独自トークンの価格変動を抑えるため、法定通貨と連動する通貨を連動させる!

 

・法整備にも対応するため、仮想通貨取引所の「Zaif」が資金を管理する!

 

と言ったものになります。(*´▽`*)

 

 

これだけ聞くと、非常に人気が出て、価値の上昇しそうなICOに見えるかも知れませんが、実は「メリット」も「デメリット」も存在します。

 

 

メリット

・トークンセールで販売される「COMSAトークンは」、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

(※すでに2号案件は決定して動き出しています)

 

・CMSトークンの保有者に対しては、今後のICO案件において特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定である。

 

カンタンに言うと、今回ICOに参加しておくと、今後美味しい特典がついてきますよ!と言うことです!(*´▽`*)

 

 

デメリット

・1USD相当(約109円)の出資に対して得られる1CMSトークンの実質的な価値は、ICO直後にほぼ半額(約55円)になります。

 

・発行上限が存在しない。

つまり、誰もがトークンを手に出来る仕組みなので、短期で考えれば希少価値が生まれにくく、短期でのリターンはほとんど得られないと言うことです!(-_-;)

 

 

ずばり簡単に言えば…

「COMSA」は、数年先の未来を考えて出資するICO

と言うことになります!(;´・ω・)

 

 

しかし!!

 

海外のICOであれば、長期間の投資は不安も感じますが、「COMSA」は国内の会社が主催・運営しています。

 

さらに、今後ますます仮想通貨は身近な存在になっていくでしょう。

 

冷静に仮想通貨の将来の発展性を考慮すれば、今回のICO「COMSA」は非常に魅力のある投資案件であると言えます!!(^O^)

 

私自身も、日本初のICOに参加してみようと思います!(*´▽`*)

 

 

メールアドレスとパスワードで登録は可能です!(登録は無料!)

↓↓↓新規の「COMSA」登録はコチラから!!

「COMSA」登録!!

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ