フィクション「仮想通貨とリセット⑩」~リセットされる世界!~

シリーズの第10回目です。

今回は「リセットされる世界」と言うテーマです。(*´▽`*)

 

今回にて、「仮想通貨とリセット」を終了致します!

今後は従来通りのブログに戻ります!(*^▽^*)
(※あくまでも個人の思想、フィクションですので、一切のコメントは受け付けません!)

 

 

「世界」をリセットするとは、一体どういう意味か?

出来るだけ簡単に説明します!(*^▽^*)

 

 

前回の第9回まで、色々なお話をしてきました。
今回はその集大成…これから世界がどう変わっていくのか?の予測です。(;´・ω・)

 

 

アメリカや日本は、すごく多額の借金を抱えているとお話しました。
1000兆円を超えるゴージャスなレベルの借金です。

 

日本の場合で説明した方が、実際の生活やニュースでも見聞きして理解しやすいので、日本の国で説明します。

 

 

このまま行けば借金が膨れ上がって、「孫末代まで国の借金を…」(;´・ω・)
と言うようなお話を聞いたことはありませんか?

 

どんなに税金をあげても、日本の今抱えている借金は減りません。

「利息」と言う存在しないお金を積み重ねているので、未来永劫…借金は無くなりません。

 

また、「借金」こそが経済活動の証であり、経済が発展している国の証拠でもあります。

 

 

しかし…悲しい現実が1つあります。

そう、借金には「返済期限」があります。(;´・ω・)

 

この「返済期限」までに借金を返せないと、「債務不履行(デフォルト)」になります。

 

国家の信用が落ちます…。

国家の信用が落ちると、国家発行の通貨の価値も落ちます…。

通貨の価値が落ちれば…。

 

分かりますよね?!

恐ろしいマイナスのスパイラルに落ちていきます。

世界の資本主義の国は、この現象と戦っていると言っても過言ではありません。

 

 

借金をするのは簡単ですが、返済期限をどうするか???
コレが「1つ目の重要な問題」です、最後まで覚えていて下さい。

 

 

続いて「2つ目の重要な問題」

 

アメリカの場合は非常に複雑怪奇なので、簡単な日本で説明します。

 

日本政府の借金は…ほとんど(90%ほど)、日本人や日本の企業から借りたお金です。
しかも…「日本円」で借りてます。

 

重要なのでもう一度言います。

「日本円」で借金しています。

 

返す時は「日本円で」で返します。(*´▽`*)
コレが「2つ目の重要な問題です」、最後まで覚えていてください。

 

 

そして「3つ目の問題」ですが…「日本円紙幣」は、「日本銀行券」と書かれています。

お札を持っている人は見て下さい!!
「日本銀行」が発行している「券」です!

 

日本銀行の筆頭出資者は、日本政府です!
つまり…日本政府が発行している「券」ですね!

 

「日本円」は「日本政府」が発行して、保証している「券」です。
(※敢えて通貨と言いません…「券」です。もしかすると、紙切れかも?!)

 

この3つの問題を頭において、考えて下さい。

 

 

日本政府の借金は、日本政府が発行する「日本円」と言う「券」で国民から借りています。
返済は、「日本円」と言う「券」です。

 

その借金は増えてきているので…なんとかチャラにしたい!!
あなたが、借りている方の立場ならそう思いますよね!!

 

借金をチャラにするのなんて…実は超カンタンなんです!!(*^▽^*)

 

 

感が鋭い方は分るでしょうが、「日本円」と言う「券」をただの紙切れにしてしまえばイイだけです!

 

そう、一万円札も段ボールもトイレットペーパーも、みんな「紙」です、似たような「日本銀行券」をいっぱい作って返済に充てれば良いだけです!(*^▽^*)

 

 

かつては「金(Gold)」に通貨としての「価値」がありましたが、今は「紙幣」などの通貨に「価値」があります。

その「価値」を、「日本円」から「別のもの」に移動して、その後「日本銀行券」を大量に発行すれば、借金なんて数日で返済できちゃうのです!(*^▽^*)

 

 

その「価値」を移動させる「別のもの」とは??!!

 

そうです!!
それこそが、「仮想通貨」!!!!(*^▽^*)

 

 

①マネーロンダリングの防止

②徴税権の100%行使(国民のお金を管理)

③カンタンに、幾らでも発行できる!!

まさに夢の通貨なのです!!(*^▽^*)

 

 

と言っても、現在流通している「ビットコインや」「イーサリアム」じゃないですよ。(;´・ω・)

政府が発行する仮想通貨です!

 

今は市場が安定し、流通量が増えて、国民に広く知れ渡ることに重点を置いています。
が…いずれは現存の仮想通貨は大きな規制を受けることになるでしょう。

 

なぜか??

 

国家の発行する仮想通貨こそ、国の通貨になるからです。

「価値」を移動することが出来れば、「日本円」の1000兆円もの借金は、ほとんどチャラです!(*^▽^*)

 

 

って…あれれ??
借金を貸しているのは誰???

 

そうです、国民や日本企業です。

つまり…「債権」だと思っているけれど、実は一切返ってきません!( ̄▽ ̄;)
まんまと…騙されてしまいますね!!日本人と日本企業さん!!

 

こんな暴挙が許されるのか??!!

 

そうですね…きっと許されません。(;´・ω・)

しかし、日本だけでなく、アメリカもデフォルトは近づいています。

 

インド政府は、いきなり高額紙幣の廃止の暴挙に出ました。
その後、仮想通貨市場を広げるように邁進しています。

 

中国やロシアは、自国発行仮想通貨の裏付けとして、「金(Gold)」を集めています。

特に中国の政府は「暴挙」なんて得意な分野です!(*^▽^*)

 

 

「仮想通貨」は、世界経済の「負債」をリセットする、最も優れた通貨として使われようとしています。

 

この話を信じるか信じないかは、あなたの自由です。

この先世界がどう変わっていくか…あなたの目でシッカリと見て下さい。

 

 

 

10回の連載、お付き合いありがとうございました!!!(*^▽^*)

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ