Rippleから派生したStellar(ステラ)とは?!(*^▽^*)

「Stellar(ステラ)」は、Ripple(リップル)の元開発メンバーが中心になり、Ripple(リップル)を元に開発された仮想通貨です。

その違いについて説明したいと思います。(*^▽^*)

 

 

初期段階の「Stellar(ステラ)」は、Rippleのソースコードをそのまま流用していました。
しかし、後に独自のアルゴリズムを開発し導入していますが、基本的な仕組みはRippleとほとんど同じです。

 

 

現在、取引されている仮想通貨の時価総額ランキングの上位10位内にも位置している、人気上昇中の通貨でもあります。

 

 

コインの発行量は、最初に1000億枚発行され、以後1年に1%ずつ総量が増えていくと言う珍しい形です。

通貨の単位は「XLM(ルーメン)」です。

 

 

 

Ripple(リップル)との異なる点は??

 

気になるのは、Ripple(リップル)との相違点ではないでしょうか?

違いを見比べてみます。

 

 

大きな違いは3つ!!

 

①コイン発行量が違う

Ripple(リップル)は発行上限が1000億枚で、最初から1000億枚が存在している。
Stellar(ステラ)は最初に1000億枚発行され、以後1年に1%ずつ総量が増えていく。

 

 

②開発チームの保有率が違う

Ripple(リップル)はRipple Labs社が発行体で、全体の25%を保有している(実際は過半数を占めているとの噂も…)。
Stellar(ステラ)はStellar財団が発行体で、全体の5%を保有している。

 

 

③営利目的と非営利目的

 

Stellar(ステラ)は、企業・金融機関ではなく個人を主要ターゲットとした非営利団体である。

 

 

 

現在Ripple(リップル)は人気急上昇中の通貨で、追随するかのようにStellar(ステラ)もグイグイと追い上げています。

今後、購入可能な取引所も増えることが予想され、人気は益々出るのではないでしょうか?(*^▽^*)

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ