暗号通貨2.0のNEM(ネム)を紹介します!(*^▽^*)

 

日本でも注目を浴びている仮想通貨のNEM(ネム)を紹介します!(*^▽^*)

 

 

NEM(ネム)の語源は、「New Economy Movement」の略称です。

「新しい経済に革新を与える物」という意味合いの、画期的なプロジェクトです。

 

2015年に公開された仮想通貨で、開発者の中に日本人も関わっていることも、日本人に好感度が高い理由の一つです。

また、NEM(ネム)はイーサリアム同様に暗号通貨2.0の通貨です。

 

 

2017年5月現在、人気も増して時価総額は第5位まで上昇してきています。

NEM(ネム)の単位は「NEM」ではなく、「XEM」という単位です。

 

 

総発行数量は「8,999,999,999XEM」で、ブロックの生成感覚は約1分ほどの早さです。

 

 

堀江貴文氏も一押しの「Zaif」が運営するブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」が、NEM(ネム)の技術を使用していることもあり、日本国内でも非常にメジャーな通貨となってきています。

 

 

しかし、NEM(ネム)が非常に優れた通貨である理由は、「セキュリティの高さ」と「公平性」にあります。

 

特にセキュリティ面においては、イーサリアムより堅牢であると称されています。

「EigenTrust++」という特殊なアルゴリズムを採用しており、他の暗号通貨にはない強固な特徴です。

 

 

公平性においてもビットコインのマイニングよりも優れています。

ビットコインのトランザクション処理は、マイニング作業の早いもの…つまり計算能力の優れたマイナーに有利になっています。

つまり、資本力を投じてマイニングの機械をたくさん持つものが有利になるシステムです。

 

 

しかしNEM(ネム)は、「PoI」と言うシステムを利用し、残高や取引回数や取引量などから、利用者を総合的に判断してスコアリング化し、NEM(ネム)をたくさん利用している人が恩恵を受けられる仕組みとなっています。

 

NEM(ネム)のトランザクション処理は「マイニング」と呼ばず、「ハーべスティング(収穫)」と呼びます。

 

 

日本国内の取引所では、「Zaif」と「コインチェック」で購入ができます。(*^▽^*)

 

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ