仮想通貨の「マイニング(発掘)」ってなんですか??

 

ビットコインをはじめとして、仮想通貨ではよく「マイニング(採掘)」という言葉がよく使われます。

 

「マイニング = 発掘」

 

直訳すると、そう言った意味になります。

いかにも、隠されたお宝を掘り当てるようなイメージがありますが、実はそうではありません。(*^▽^*)

 

 

この「マイニング(発掘)」というのは、仮想通貨の暗号化システムの「取引履歴」をシステム記録するという意味です。

 

仮想通貨の発行や取引は、すべて「P2P(ピアツーピア)」というネットワークシステム上で行われていて、通貨同士のやり取りの情報は、システムに参加しているコンピュータ間で行われます。

 

ネットワークに参加している「誰か」が、この履歴を整理してくれているのです。

 

しかし…無償で「履歴整備」をするのでは、単なる苦労にしかなりません。

当然、頑張った見返りは欲しいものです!(≧▽≦)

 

 

実は、「取引履歴の記録システム」に参加することで、「報酬」として手に入れることができます。

そうです!「マイニング(発掘)」作業を手伝うと、ご褒美があるのです!(^O^)

 

例えば仮想通貨の代名詞的存在の「ビットコイン」の場合、発行総量は2100万ビットコインと予め決められています。

 

しかし、発行当初は1500万ビットコインしか流通しておりません。(;’∀’)

2017年4月現在でも、1650万ビットコイン程度です。

 

残りの500~600万ビットコインはどこに??(;´・ω・)

と思うでしょう。

 

実はこの残りのビットコインが、「マイニング(発掘)」に貢献してくれた人へのご褒美なのです!(^^♪

 

「鉱山で金を掘り当てる」と言うイメー時に似ているとのことで「マイニング(採掘)」と呼ばれています。

 

 

ビットコインは、10分に1度ずつ「ブロック」と呼ばれる履歴が追加されています。

新しい「ブロック」が追加される際に、新品のビットコインをご褒美として発行するルールとなっています。

 

しかし、「ブロック」を追加するためには、非常に難しい計算問題をPC上で行わなければならず、
その計算問題の数は現在10分で1000兆個にも登ります。( ̄▽ ̄;)

 

当然ながら、自宅のパソコン程度では…なかなか効率的に作業は出来ません。

ほとんどが、下のようなハイスペックマシンで処理されています。

 

 

まあ…ハイスペックマシンとは言え、単品部品では市販されていますので、自宅でどうしても「マイニング(発掘)」して報酬で稼ぎたい!!と言う人はどうぞ、自己責任で購入して頑張って下さい!(^O^)

 

因みにこちらは、現在のマイニングに使用されている実際のパーツです!

「BITMAIN社」製 (made in china)のパーツになります。( ´艸`)

 

 

現在の「マイニング(発掘)」の大半は、マイニングプールと呼ばれる巨大なシステムで行われています。

有名なプールマイナーの発掘割合が、下図になります。

 

上位の「antPool」「F2Pool」「BTCC Pool」は、中国系企業です。

 

 

仮想通貨にとって命とも言える「ブロックチェーン技術」を支えているのが、「マイニング(発掘)」という作業なのです。

今日も無事に仮想通貨の取引が出来るのは、マイナーさんのお陰です!(*^▽^*)

 

 

マイニングで賢く稼ぐならコチラ!

 

マイニングプールに投資して賢く稼ぐ案件!

↓↓↓青文字をクリックしてください!

マイニングで賢く稼ぐ「BitClub(ビットクラブ)」

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ