ビットコインの仕組み2~ブロックチェーン応用編~

 

ビットコインの中心的システムとして使用されている「ブロックチェーン」。

今回は「ブロックチェーン」の応用をご紹介します!(^O^)

 

 

ブロックチェーン」とは、専門的な説明をすれば…

「ブロック」と呼ばれるデータのまとまりをお互いに繋ぎ、 データベースに保存することで、利用できるようになっています。

「ブロック」は、「トランザクション」と呼ばれる取引履歴と、「ハッシュ」と呼ばれる最新のブロックの検証値、そしてセキュリティに用いる「ナンス」という3つの値をまとめた情報です。

 

 

ブロックチェーンを使うメリットは、取引の記録・管理が楽になることです。

更に、改ざんが極めて困難な状態となり、信頼性の高い安定したシステムを安く構築できると言われます。

 

通貨から利用された「ブロックチェーン」ですが、現在では様々な分野に応用されています。

特に、「管理部門」での使用が相性が良いようです。(≧▽≦)

 

 

 

現在すでに「通貨」として使用されているので、「送金システム」や「金融取引」などは、当然問題なく応用利用可能です。

「資産管理」や「投資」「土地管理」がその応用例です。
また、「ポイント付加」や「公共サービス」の分野にも応用されつつあります。

 

 

面白い例としては「投票」も応用が可能だそうです。

いつか投票所もデジタル化されるかも知れませんね!(^O^)

と言うか…投票所すら無くなる可能性もありますね!

 

 

中でも一番利用価値があるとされているのが、「流通」や「製造」の分野です。

「製造」から「納品」「納期」「流通」などの管理部門の使用が非常に役立つとされています。

 

 

 

その他の応用例としては、「コンテンツ保護」があります。

暗号通貨2.0などは、「著作権保護」や「契約」も付加することができるので、「デジタルコンテンツ部門」での大幅な普及が見込まれます。

 

因みに、ブロッケイ(Blockai)という「デジタル著作権保護管理サービス」も存在します。

 

 

「美術品」や「高級品」の部門にも、贋作防止の証明書の代わりとして、応用しようとする動きもあるそうです。

アメリカのウォルマートは、豚肉の生産・流通経路を記録するために、ブロックチェーンシステム開発に乗り出したとのことです。

 

「食の安全性確保」にも、これから貢献してくれそうです。(^○^)

 

 

 

最近ではgoogleが、医療分野にこの「ブロックチェーン」を応用し始めた!とのニュースもありました。

これからますます「ブロックチェーン」は、様々な分野に応用されてくるでしょう!!(*^▽^*)

 

 

仮想通貨が簡単に買える取引所!

↓↓↓青文字をクリックしてください!

日本で一番簡単に仮想通貨が買える取引所

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ