日利2.2%を得るリスク可視化型HYPE案件「SYMBIO」を紹介します!!

現在出金遅延中(3/23現在)です。新規の入金はお控え下さい!

 

日利2.2%(固定)、リスク可視化型HYPE案件の「SYMBIO(シンビオ)」を紹介します!

 

 

SYMBIO(シンビオ)最大の特徴「リスク可視型」とは一体何でしょうか?

実はこのSYMBIO(シンビオ)…自らポンジスキームだと名乗っています。

逆にそこが、潔いと言うか…笑!

 

 

SYMBIO(シンビオ)は、ポンジスキーム独自の特性を逆手に利用したシステムを使っています。

 

ポンジスキームとは…

自転車操業的な手口で、出資者から集めたお金で原資を作り、配当に回すシステムのことを言います。

集めているお金の方が多い場合、出資者は安定して収益を受け取れます。

しかし、配当の方が原資を上回ると、システムは破たんしてしまいます。

 

 

その仕組みを、目で分かりやすくしているのが、SYMBIO(シンビオ)の可視化なのです。

色別に危険度が一目でわかるシステムになっています。

 

青:最初期 ファンドの資金量がゆるやかに増加する段階
緑:成長期 ファンドの資金量が増加する段階
黄:中盤期 新規投資の減と利息の増によりファンドが均衡する段階
赤:衰退期 高利息の支出が増加し資金量が減少する段階

 

現在、危険度がどれくらいなのか?一目で判断できます。

「そろそろヤバいから、撤退かな…」と言うのが一目瞭然です!

 

 

選べる2プランのSYMBIO(シンビオ)

 

SYMBIO(シンビオ)には2つのプランが用意されています。

 

① Symbio Invest(資金投下や引出しを自己判断で運用するプラン)

・投資額30~50,000ドル
・変動日利0.5%~5%
・自動複利機能付き
・ファンドの1ターン運用期間90日(90日を超えると、次のターン90日に移行します)
・元本引出しは、10日ごとのチェックポイントで可能(それ以外での解約は9%の手数料)
・チェックポイントごとに2%~5%のボーナス
・ファンドの資金受け入れは8万ドルの上限

 

 

② Syimbio Protect(ほったらかしで運用のローリスクプラン)

・投資額30~50,000ドル
・固定日利2.2%
・元本引出し不可
・再投資機能付き
・運用期間無制限
・ファンドが不安定になると元本を払戻し

 

 

リスク可視化型HYPE案件「SYMBIO」の登録はコチラ!

↓↓ 青文字をクリックしてください!

SYMBIO(シンビオ)登録方法!

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ